アイ・ポートレート ペンダント アンティークジュエリー アイ・ポートレート ペンダント アンティークジュエリー
裏 拡大
アイ・ポートレート ペンダント 実物大
1円玉サイズ ←実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります。

ジョージアン アイ・ポートレート ペンダント

イギリス 1790年〜1800年頃
トルコ石、18ctゴールド
本体 1,2cm×1,8cm×0,2cm
重量 3,3g
Sold

『これぞジョージアンの金細工!!』
一円玉より小さな物なのにこの存在感!

これだけ大きく拡大しても粗が見えるどころか、思わず見惚れてしまう繊細精緻な彫金は、ジョージアンならではのハイレベル!!

日本の金工で使われる魚子のような、無数の点をタガネで打った美しいつや消し!!

ハンドメイドのチェーンにまで極小の粒金が蝋付けされているのには本当に驚きました!!(40年間もこの仕事をしてても見たことが無い)

小さな美しい物はジョージアンならではの物で、美意識の高い貴族のが女性が作らせた物に違いありません!!

しかもバッグの蓋を開けると・・・


アイ・ポートレート ペンダント アイ・ポートレート ペンダント
アイポートレート、細密画
実物大 1円玉サイズ  
この素晴らしい細密画は、アイ・ポートレイト(アイ・ミニアチュール)又はラバーズ・アイと言われており、離れていても、恋人に見つめられているような想いがするのが人気のポイントだったのです。プリンス・オブ・ウェールズ(後のジョージ4世)が、彼の「目」の肖像画と 1785年 11月3日の日付が入ったプロポーズの手紙をマリア・フィッツジェラルドに贈っています。

ジョージ4世は即位する前、カトリックのマリア・フィッツジェラルドと密かに結婚しました(後に解消)。プリンスのような立場の人が宗派が異なる人と結婚するのは禁じられていたので、他人が見ても解らないように目の肖像画を作り、ジュエリーの形にして、そのメメント(思い出)を以来、身に着けていたという。

その話が広まって、多く人が細密画家にアイ・ポートレイトを依頼した言われています。

このアイ・ポートレイトは見事な細密画ですが、揉み上げがあるので若い男性の顔を描いた物でしょう。なかなかの美男子ですよね♪
通常は片目だけを描いた物がほとんどなので、このように両目を描いた物はとても珍しいのです!

このアイポートレイトが入ったバッグ型ペンダントの持ち主は、きっと若い貴族の女性で、恋人のアイ・ポートレイトを描いてもらって、バッグ型のペンダントに入れ、身につけていたのだと思います。ロマンチックですね〜♪ 僕がもし、この時代に生きていたらきっと恋人のアイ・ポートレイトを描いてもらって、見に付けていたんじゃないかなぁ・・・・・(笑)。

細密画は象牙に描いてガラスのカバーがはめてあります。

アイ・ポートレイト アイ・ポートレイト アイ・ポートレイト
アイ・ポートレイト これらのアイ・ポートレイトはバック型ペンダントのアイ・ポートレイトよりずっと大きな物です。

だからバック型ペンダントのアイ・ポートレイトが如何に素晴らしい細密画かお解り頂けると思いますし、繊細な金細工のバッグの中に入っているのですから、ずっと格上の物だと思います!!
ハンドメイド チェーン

ハンドメイドのチェーンに極小の粒金が付けられていますが、如何にこのペンダントが特別な物としてオーダーされたかが分かります!!


アイ・ポートレート ペンダント アンティークジュエリー 全体のコンディションもパーフェクト!

アイ・ポートレイト ペンダント アイ・ポートレイト ペンダント
  アイ・ポートレイト ペンダント
アイ・ポートレイト ペンダント アイ・ポートレイト ペンダント
アイ・ポートレイト ペンダント アイ・ポートレイト ペンダント
アイ・ポートレイト ペンダント この薄さ、小ささが魅力です!


ダイヤのプチペンダントなんかを下げるより、こういう小さな宝物を下げた方がよっぽど楽しいと思いますよ♪

もっと細いシルクコードをお付けします。

仮予約とお問合せはメールかフリーコール(0120-974-384 片桐)でどうぞ(pm11時までOK)携帯もOK



ページトップ

Free Call 0120 974 384 年中無休。平日 AM 10:00 - PM 11:00 、土日 AM 11:00 - PM 11:00。携帯電話もOK