仮予約とお問合せはメールかフリーコール(0120-974-384 片桐)でどうぞ(pm11時までOK)携帯もOK

蝶型 トレンブラン ブローチ&髪飾り アンティークジュエリー
蝶型 トレンブラン ブローチ&髪飾り アンティークジュエリー
実物大 1円玉サイズ トレンブラン ブローチ&髪飾り

イギリス 1880年頃
ルビー(1キャラットオーバー)、サファイヤ、エメラルド、ローズカット・ダイヤモンド、
シルバー&18ctゴールド
5cm×4,8cm
重量 17,8g
アンティークケース付き
¥2,500,000-
←↑実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります。
トレンブラン・ブローチの中でも珍しい蝶のブローチで、羽が特殊なスプリングで震えるように細かく揺れるのが特徴です。

メインのルビーは1キャラットオーバーの大きさがあり、非加熱で天然のままのルビーならではの清々しい美しさを感じます!

多数の上質のローズカット・ダイヤモンドを 巧みな石留の技術でセットした羽は、ローズカット・ダイヤモンド特有の繊細なシンチレーション(光の動き)があり、その中にこれも上質のサファイヤ、エメラルド、ルビーがセットされた華麗で美しい羽が震えるように揺れる様子は、とってもファンタジックです!♪

シンプルですっきりしたデザインは現代のジュエリーに通じるようなモダンなイメージで、手に持った時の心地よい重量感は、このブローチが如何にハイクラスのジュエリーとして、しっかり作られているかの証なのです!

ブローチの金具はネジで外れる構造で、付属の髪飾り用の金具を付けてトレンブランの髪飾りとしてお使い頂けます。



部分拡大 メインの1キャラットオーバーもある大きなルビーは、驚くほど美しく、フレームの作りもそれに相応しい見事な作りです!!


触覚の部分の作りをよ〜くご覧ください!


ハイクラスのエドワーディアン・プラチナジュエリーに見られる、繊細精緻なミルに勝るとも劣らない完璧で完成度の高いミルが打たれているではありませんか!!


こういう手を抜くなど考えもしないクラフトマンシップを感じる作品に出会う度に、僕はこの仕事を死ぬ直前までやりたくなるのです!


これだけ大きく拡大すると、ローズカット・ダイヤモンドのキラキラ感が感じられますが、これも如何に上質なダイヤモンドが使われているかの証なのです!
部分拡大
びっしり留められたローズカット・ダイヤモンドは大きさや形そしてカットまでもが全部違うので、羽が揺れた時の輝きは、現代の画一化されたカットで低品質のメレーダイヤの輝きとは天と地ほどの違いがあるのです!!
部分拡大
エメラルドが画像では良く写っておりません。実物は爽やかな美しいグリーンのエメラルドです!

裏
トレンブランのスプリングは左右の羽を別々に揺らすために、普通のタイプのようなコイル状の物ではなく、シンプルな板状の物なのが特徴ですが、過去に扱った蝶のトレンブランとは全く違う独創的なアイデアで、おそらく作者は試行錯誤のうえに相当な数の試作を繰り返したものと思われます!

19世紀のジュエリーらしいシルバーにゴールドバックの作りですが、すべての石の裏は完璧な仕上げの窓が開けられていて、見ていて気持ちが良いほどです!♪

この蝶のブローチの作者はきっと完璧主義者なんだろうなと思いますね。

これも素晴らしいトレンブランです!!
ボックスの蓋を開けた瞬間、まるで電動トレンブランのスイッチが入ったかのように揺れ出すダイヤモンドの楓、
美しいシンチレーションを放ちながら、まるで生き物のようにキラキラといつまでも・・・。

このトレンブランの揺れ方は、普通の物とは違って、残り紅葉の一枚だけ残った葉が風でヒラヒラユラユラ揺れているような不思議な揺れ方なのです!!♪


しかも揺れが持続する時間が普通のトレンブランの何倍も長く、いったいいつになったら止まるんだろうと不思議に思えてくる程です!!
BOUCHERON
ダイヤモンド マルチユース トレンブラン
フランス 1880年頃
ブシュロン社
オールドヨーロピアンカット・ダイヤモンド、ローズカットダイヤモンド、
シルバー&ゴールド
4,5cm×10cm

¥3,000,000-
画像かここをクリックしてご覧ください。


ページトップ

Free Call 0120 974 384 年中無休。平日 AM 10:00 - PM 11:00 、土日 AM 11:00 - PM 11:00。携帯電話もOK